Slider

スローガン 「和気藹々 ~ 富山県連うらやましいな…そう思える会にしたい!! ~」

時総会・会員大会

01.開会宣言 02.会長挨拶

令和2年2月15日(土)、氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかりにおいて、令和元年度 富山県商工会議所青年部連合会 臨時総会・会員大会が開催され、来賓を含む202名にご参加いただきました。

臨時総会では、令和2年度の三役人事、会員大会の開催地、日本YEG出向役員、日本YEG北陸信越ブロック出向役員の議案について満場一致で承認を得ることができました。

令和2年度の県連会長として承認されました村上博俊君は、冒頭の挨拶で次年度への意気込みを語りました。

会員大会では、富山県下8単会の会長により、それぞれの地域による単会活動の報告が行われました。

他単会の活動内容・成果に大いに刺激を受け、参加した会員全てにおいて有益なものとなり、会員同士の親睦を深めるきっかけになりました。

大懇親会では、アトラクションとして、令和2年度 県連会長、各単会会長の紹介映像の後に決意表明が行われ、それぞれの会長が熱い思いを語ることで、ご臨席賜りましたご来賓の方々や会員に青年経済人としてアピールすることができ、今後のYEG活動の一助となったとことと思います。

また令和2年度に砺波YEG主管で開催されます北陸信越ブロック大会のPRキャラバンにより、会場は大いに盛り上がりました。

参加したYEG会員にとって、より充実した親睦を深める会員大会となりました。

03.臨時総会 04.次年度三役紹介 05.引継ぎの握手 06.次年度会長挨拶

会員の絆強化事業

11月17日(日)に、会員の絆強化事業「YEG同志で感動体験 会員交流バスツアーとやま旅」が開催され、88名のご参加をいただきました。
富山市のオークスカナルパークホテルを中心会場とし、廣貫堂資料館、富山ガラス美術館、能作といった県内の代表的な産業観光施設を見学・体験するツアーを通じ、青年経済人としての見識を深め、参加会員と学びや感動を共有し交流を図ることで、今後の県連活動、そしてYEG活動を展開するうえで重要な「絆」を強化することを目的に開催されました。
村家会長の開会挨拶から始まり、グループごとにバスに分かれ、ツアーが開始されました。移動のバスの中では、全員に対して自己紹介をする時間が設けられ、必ず自身の趣味について紹介するルールを設けるなどの初対面の会員との会話のきっかけとなるような配慮もあり、同じグループの会員と共通の趣味の話をして親睦を深めることができました。
見学ツアーでは、高岡市の能作においてペーパーウエイトを制作することで、ものづくりの楽しさや難しさを体験しました。
富山廣貫堂では富山の薬の歴史を学び、富山ガラス美術館では芸術ガラスの魅力や美しさに触れることができました。
参加会員と共に学び、共に感動することで、ますます距離感が縮まったように思います。
その後の懇親会では、見学ツアーの話を中心に盛り上がり、ツアー内で撮影した集合写真の審査発表会「YEG映えコンテスト」も大いに盛り上がり、有意義な時間となりました。本事業においてYEG会員が更なる交流を深める事が出来ました。
01.開会式 02.廣貫堂資料館03.廣貫堂資料館 05.能作06.能作 07.懇親会04.富山ガラス美術館 08.全体写真

共創力発掘事業

10月14日(月)に国立立山青少年自然の家において、共創力発掘事業「大自然の中で学ぶ仲間とのつながり、みんなで考えるYEG ~共創力発掘のための体験研修~」が開催され、悪天候にも関わらず69名ものご参加をいただきました。

本事業は「仲間と共に支え合い、助け合い、困難を乗り越えながら、お互いの個を尊重しつつ、熟議・対話を通して共に意見を創出することで、『共創力』を体感し、発掘し、体得する」ことを目的とし、プログラムである「コミュニケーション・思いやりを育む5つのアトラクション」を10のグループに分かれて体験いたしました。

参加者からは「アトラクションで取り組んだミッションでは、チーム全員からアイデアを出し、相手の意見を否定せずにミッションクリアに挑戦していくといった、互いを認めあう一体感のあるチームビルディングが出来た」との感想もあり、我々YEG会員のが「共創力」の体感・発掘・体得につながる良い時間となりました。

02.アトラクション:ラインナップ 03.アトラクション:ワープスピード 04.アトラクション:スタンドアップ 05.アトラクション:マシュマロ・リバー 06.アトラクション:ヒューマン・チェア 08.グループ発表:各グループの結論を全員で共有

共感力向上事業

01.ツアーA バーがつなぐ地域の「架け橋」 05.ツアーE 泊まれる邸宅「内川の家 奈呉」

6月22日(土)に射水市にて、共感力向上事業「地域の魅力発見ツアー」が開催され、107名のご参加をいただきました。

本事業は「地域における新しい取り組みを学ぶことによって、新しいもののとらえ方を培い、新たな創造を広げること」を目的に、プログラムである「ツアー体験」では、射水市をモデルに、地域で特色ある取り組みを行っている企業や施設を5グループに分かれて歩きながら巡り、地域の魅力を探るといった内容が展開されました。
参加者からは、「巡り歩いた観光箇所のゲストハウスや干物焼きコーナーでは、商品の問い合わせや宿泊の予約などの商談が行われ、実際のビジネスに広がりを与える素晴らしい事業だった」との感想もあり、我々YEG会員が新たな創造を広げる良い機会となりました。
06.ツアーF あの映画の撮影ロケ地 oznorcof 09.全体写真

第43回定時総会

  01.議案説明 02.役員紹介

5月26日(日)、ホテルグランテラス富山において、令和元年度 富山県商工会議所青年部連合会 第43回 定時総会・大懇親会が開催され、来賓を含む205名にご参加いただきました。

定時総会では、平成30年度の事業報告・収支決算報告の承認、ならびに令和元年度の役員・事業計画・収支予算が全会一致で承認されました。
令和元年度の県連会長に

就任した村家幸伸君は、「強い絆で新時代に挑戦!~共感・共創でイノベーションを生み出そう~」をスローガンに掲げ、富山県連の会員一人一人が会員相互に交流し、多様な価値観に触れ、絆を強めて新しい未来へ挑戦しようと、新年度への意気込みを語りました。
総会後に行われた大懇親会では、アトラクションとして、県下8単会の会長と村家県連会長の紹介映像の後、今年度のスローガンを漢字一文字の書道で披露しました。
来賓およびYEG

会員に向けて、スローガンに込めた想いと1年間の抱負を述べることで、富山県連・各単会が今年度目指していく方向性を周知する機会となり会場を大いに盛り上げました。
また、7月に開催される北陸信越ブロック親睦ゴルフコンペのPRキャラバン、10月に開催される北陸信越ブロック大会加賀大会のPRキャラバン、11月に開催される全国会長研修会「信州の国 ながの会議」のPRキャラバンが行われ、各大会の主管YEGによる熱のこもったスローガンを元に、富山県内のYEG会員が一丸となって大会を盛り上げる機運が高まりました。
懇親会の各テーブルでは、各地YEGメンバーが積極的に名刺交換し、お酒を酌み交わし、懇親を深める姿が多々見受けられました。
今回の定時総会により、今後のYEG活動、自社業の仕事に繋がる関係を築く機会となり、会員相互の交流を深め、未来に繋がる関係を築く良い時間となりました。

03.直前会長へ感謝状贈呈 04.大懇親会アトラクション映像05.大懇親会アトラクション書道 06.北陸信越ブロック親睦ゴルフコンペPRキャラバン07.北陸信越ブロック大会PRキャラバン 08.全国会長研修会PRキャラバン

イベント情報